ザキヤマ、若槻千夏に護身術をかけられピンチ!?「アブね!」と咳き込む

7月6日よる7時からは、『モノシリーのとっておき』(フジテレビ系列)が放送される。 同番組は、その道のプロ中のプロである日本を代表する達人=モノシリーがスタジオに登場し、とっておきの話を映像、写真を使って熱弁。司会の古舘伊知郎が徹底的に迫る番組。同日放送は、「カメラがとらえた犯罪の瞬間30連発!」。卑劣な犯行を目撃するとともに、いつ犯罪に巻き込まれるかわからない現在、私たちに迫る危険からどうやって身を守れば良いのか、防犯のスペシャリストであるモノシリーがズバリ伝授する。 スタジオでは、女性が突然襲われた時に役立つ「護身術」を、今回のモノシリーである護身術インストラクターの西尾健氏が伝授。ゲストの若槻千夏は「練習しておきたいと思っていたんです!」と護身術に初挑戦することに。相手はアンタッチャブルの山崎弘也。すると若槻は、山崎が油断している隙に、モノシリーから教えてもらった指でのど仏の下を押す護身術を繰り出す。若槻は、床と水平に腕を伸ばし、指先で山崎の首ののど仏の下を、トンと軽くついただけだが、「アブね!マジで!」とせき込んでしまった山崎。一体、その効果とは? さらに若槻は、過去の空き巣被害も告白。「10代の時に住んだ家に空き巣が入って。大通り沿いで、引っ越したばかりでカーテンをつけていなかったんですよ」……この若槻の告白に、スタジオのモノシリーが狙われやすい家とその対策を伝授する。 他にも、番組では、背後から突然襲いかかる強盗の一部始終や巧妙な置引の瞬間、さらにはひったくり犯を2度も撃退した勇敢な女性、そしてマヌケな犯人のトホホな瞬間まで、カメラがとらえた犯罪の決定的瞬間をたっぷり放送する。 収録を終えた若槻は、護身術について「初めてで結構力がいると思っていたんです。私、筋トレとか何もしていないんですよ。ただ、手をまっすぐのどに向かって出したら、入るんですね」と驚いた様子。さらに、過去の怖い思い出について、「後をつけられたりしました。でもその時、捕まえようと思って追いかけちゃったんですよ。結局男性が一緒に捕まえてくれたんですけど、いま考えたら女の子ひとりじゃ危ないなと思います。自分の身を守ることが第一で、追いかけたのはちょっと後悔しています」と語った。 『モノシリーのとっておき』は、フジテレビ系で7月6日よる7時から放送。堀田茜、目指すは“腹筋女子”!「もっと縦に筋を入れたい」鈴木ふみ奈、“ビキニの日”に28歳の誕生日!セクシーなグラビアカットを公開神尻がタペストリーに!「美尻グッズ祭り2018夏」も開催